神姫絶唱シンフォギア パチンコ

神姫絶唱シンフォギア パチンコ

 失ったものが多すぎた

「ほかにもいい選択肢があったんじゃないか、ってさ

そして、その道を進んでいれば、父上と母上を失わずに済んだんじゃないかって……さ」 シーラが歩き出す

篝火の明かりの範囲外に向かって、一歩一歩、ゆっくりと

あなたも好きかも:リング パチンコ 呪いの七日間 据え置き
セツナは彼女の歩調に合わせて、歩いた

ほかの連中に聞かれたくないのかもしれない

声も、抑えめになっている

「俺は……死んでもよかった

母上がそれを望むのなら

あなたも好きかも:リリカルなのは スロット 設置店
それで、母上が救われるのなら

あなたも好きかも:バカラ ワイン グラス プレゼント
俺が死ぬことで、母上が救われ、アバードに安定がもたらされるのなら、俺ひとりの命くらい、どうだってよかった

母上に逢いたかったのは、逢って、話を聞きたかったからだけなんだ

理由を知りたかっただけなんだ」 シーラの告白に対し、セツナはなにもいわなかった

ある程度、想像していたことではある

彼女が死ぬつもりだったのは、言動から明らかだった

それでも、セツナは彼女を死なせるつもりはなかったし、だからこそ、彼女にラグナをつけた