まどマギ スロット 潜伏

まどマギ スロット 潜伏

仕方ないことだとわかっている口ぶり

 どこか達観した口ぶりなのも頷(うなず)ける

物分かりがいいのだろう

『だから私にとって今の時間は貴重なのだ

こうして無為に空を友と見る……良いではないか』『――とっ! 友達だなんて恐れ多いです!!』 その喉に引っかかっていた言葉がボロっと口から吐き出た

『何だ? 私と友達というのは嫌か?』『い、いえ

そのようなことは……』『なら友達で良いだろう

流れる時間を共にする、良いことだ』 ハイドラスは周りの大人達のように『勇者の末裔』という見方が無かった

 幼いからと言えばそこまでだが、物分かりのいいハイドラスのことだ、その辺にも理解はあるものと思っていたが、どうもそうじゃないらしい

あなたも好きかも:中古 パチスロ 相場
 素直に自分と接してくれることに嬉しくなったのか、今度はアルビオから歩み寄る

あなたも好きかも:エルインカ黄金文明 スロット
『あの……殿下』『ん? 何だ?』『ぼ、僕はその……怖いんです

あなたも好きかも:西伊豆 パチンコ店
みんな勇者の末裔だって……』 ホロリと涙が滴(したた)り流れるように、そう話した

 ハイドラスも覚えがあるようで、フっと小さく笑みを零すと、空を見上げる

『そうか、そうだな

不安もあるだろうし、思うこともあるだろう……だが、なんだ……気にするな』『え……?』『周りがどう見ようとお前はお前なのだ! いちいち気にするな!』 ――当時は殿下だから、そんなことが言えるんだろうなと深くは考えずに、その言葉を聞いた覚えがあった

 その後、リュッカから似たような言葉をもらい、こんな風に変われたのだと気付く

 今思えば、あの人だって殿下という立場にあり、勉強ばかりとよくぼやいていた