東成 区 パチンコ

東成 区 パチンコ

その姿に影響を受けたらしい俺もいつの間にか、床から足を離して宙を飛び始めた

床に着地したシズカ姫は、自動で開いた医務室の扉を潜る

俺は浮いたまま、一緒に入っていく

あなたも好きかも:デビル メイクライ スロット
入ってすぐ見えたベッドにマチカが寝ていた

シズカ姫はチラッとそちらを見ながらさらに奥へと向かう

俺は小さくマチカに「すまない」と無感動のまま呟いて、続く

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 6
どうしてふとそう言ったのか、分からなくなってきつつある

習慣が呟かせたようだが、なぜそう言わないといけなかったのか違和感が強く残る

周囲が次第にモノクロのように見え始めた

あなたも好きかも:レボラ パチンコ
俺の子供たちが新生児用ベッドで寝ている部屋に辿り着き「タカユキ兄、ついた……」俺を振り向いたシズカ姫が焦った顔で「うわわわ!!薄くなってるよ!!」しばらくどうしようか、俺の周囲で慌てた後に「と、とにかくこっち、こっちに来て」と俺を透明な幕が張られた中へと連れていく

「この二人、タカユキ兄の子供!! こっちがノア君で、こっちがアシン君!!」大ぶりなしぐさで、俺に二人を紹介してくるシズカ姫の言葉を反復するように「ノア……アシン……」と呟くと、少し、視界に色が戻り始めた

もう一度、その名前を口に出して言ってみる

「ノア、アシン」次第に色んなことが思い出されてきた

そうか、俺はこの世界に来て、暮らして戦ってそしてタガグロと出会い、子供たちを……

「そうか、そうだったな……忘れたらダメだ」シズカ姫が、前髪に隠れた目頭を拭いながら「そうだよ……大事な子供たちだよ

生まれてまだすぐだよ」「ああ、そうだ

抱き上げられないけど お前たちのことはいつも見ているからな」俺は自然と微笑んだ