パチンコ 大当たり 電源オフ

パチンコ 大当たり 電源オフ

 ああ、つまり―― ――このスキル『???』は欠陥品なんだ

あなたも好きかも:パチンコ店 減台
 引き換えきるには足りない

 このままだと意味もなく利子が足され、また『払い戻し』が来る――!!【スキル『???』が暴走しました】 いくらかの感情と引き換えに、精神を安定させます 混乱に+1.00の補正がつきます【スキル『???』が暴走しました】 いくらかの感情と引き換えに、精神を安定させます 混乱に+1.00の補正がつきます【スキル『???』が暴走しました】 いくらかの感情と引き換えに、精神を安定させます 混乱に+1.00の補正がつきます 駄目だ

 もう一度、あの悪感情の塊が『払い戻し』されたら、僕は――「――魔法《心異・心整(ヴァリアブル・リレイ)》、魔法《心異・心失(ヴァリアブル・ダウン)》!!」 パリンクロンの声が、懐かしいティーダの魔法が――スキル『???』を押し返す

 少しだけ……

 本当に少しだけだが、泥のような闇の底に、濁った光が通る……

 声が聞こえる

「兄さん!! カナミの兄さん、希望を持てっ! 死んだら困るんだ! ――魔法《心異・心整(ヴァリアブル・リレイ)》ィ!!」 最も憎んでいた男が、僕に「希望を持て」と叫んでいた

 膨大な魔力を支払い、僕の精神を救おうと魔法を構築しているのを感じる

 パリンクロンが人並みに必死となっている

 不思議な光景だった

あなたも好きかも:レッドプラネットジャパン カジノ
 「カナミの兄さん! 絶望するな! まだ終わりじゃない! 意識を保て! 話の続きを聞け!!」 僕とパリンクロンを魔法が結びつける

 その結びつきを通り、おぞましくも力強い魔力が、僕の全身に流れ込む

 その魔力が僕の身体を蝕む悪感情を洗い流す

 魔力が流れることで、全身の痛みが和らいでいく気がした

 不安が消え、鼓動が収まり、汗が引いていく

 僅かだが、思考する余裕が生まれてくる

「あ、ぁあぁああ……」 ギリギリのところで精神を持ち直す

「はぁ、はぁ……