arika スロット

arika スロット

「僕らの旅が悲しい終わりを迎えたから、君達にはそうはなって欲しくない

お姉さんのわがままを聞いてくれるとうれしいな」「…………はい

あなたも好きかも:パチンコ 山田川
俺も……この旅が悲しいものになるのは嫌ですから」 よしよし、素直ないい子だね

なんて頭を撫でられぎゅうと抱き着かれた

あなたも好きかも:パチンコ 絶対 勝てる 方法
やめてッ! らめぇっ! 今はらめぇえっ‼︎「…………………………ち、違うんです…………その……本当に…………」「ぅお……おう

あなたも好きかも:パチスロ 夏目 女
ご、ごめん

気が利かなかったね……そうだね、君も男の子だからね

いや……ごめんごめん…………」 殺してッッ! こんな恥ずかしい僕ならいっそ殺してくれッッ! とても優しい、暖かい眼差しで微笑まれ謝られ、もう僕のこの気持ちをどこへ持って行ったら良いのか分からない

お願いだから……せめて怒って…………「……ごほん

それだけ元気なら問題ないだろう

僕は明日の準備があるから、君は早く寝るんだよ」「うう…………もうお嫁にいけない…………」 その時はミラちゃんにお願いしよう

なんて言って、マーリンさんは颯爽と出ていった

なんてことをしてくれたんだ……うう………… パチリと目が覚めた

気分は…………曇天

向こうとこちらでは精神的にはリンクしているものの、肉体的な繋がりはない

つまり……「…………くっ…………思い出せるのに……思い出せない………………っ!」 間違いなくあの感触は頭に残っている