ギャンブル 期待 値

ギャンブル 期待 値

実はそれほど神器には拘りは無いようだ

楽しめればいいらしい

俺のモモカの肩に乗せてもらって、クローディアとナンマルは相合傘である

港を抜けて、広い夜の街中を雨に打たれながら人通りの少ない道をペンライトで前を照らして、ジロウの住む長屋へと歩いていく

途中でナンマルはクローディアを宿へと送ると言い出して皆で笑って行かせた

あなたも好きかも:スロット 戦国コレクション2 ゾーン
クラーゴンは「今夜は帰ってこないだろうから、合流場所を サカオオの街の東の入り口にしておいたわ」「助かる

クラーゴンも悪いな

あなたも好きかも:キングダム・オブ・ゴールド:ミスティック・ウェイズ
美射が迷惑かけた」「いえいえ

悪巧みしたのは私ですから 多少の天罰は、仕方がございません」クラーゴンは苦笑いする

ゆっくりと一時間ほど歩いて、貧民街の長屋へと到着する

クラーゴンがペンライトで書状を照らしながら「んー?んんー?やっぱり同じだわ

この長屋ね」「まあ、もう夜中だし、明日の朝尋ねよう」モモカの肩からそう言って、ジロウの家の扉の前まで三人で行く

肩から降りて、玄関を叩く

「ういー

今あけるぜー」中からパンタクローの声がして、墨だらけで汚れた顔が出てくる