東京 カジノ プロジェクト アバター

東京 カジノ プロジェクト アバター

 総勢一万は有に超える軍勢となる

 さらにいえば、ザルワーンは、国内に凶悪な敵を抱えており、全軍をガンディアに当てることができないのだ

それこそ、付け入る隙だ

それを逃す手はなかったし、グレイ=バルゼルグの気が変わる前に打って出たのは正解だったのだ

あなたも好きかも:テーブルゲーム 実機
もっとも、グレイ=バルゼルグの離反がガンディア軍を誘き寄せるための策謀だったなら完敗だが、自国の領土に敵軍を引き入れるような真似をするとは到底考えられなかった

「ザルワーン……か」 レオンガンドが思いを馳せたのは、物心ついたころに見た龍府の美しい町並みだった

 あの日、彼は父シウスクラウドとともに龍府を訪れ、当時のザルワーン国主マーシアス=ヴリディアとの会食に臨んだのだ

あなたも好きかも:スロット ジャッカス ゾーン
マーシアスは一見ただの好々爺で、まさか彼が外法に堕ちていたなど、なにも知らぬ六歳の子供にわかるはずもなかった

 二十年前

あなたも好きかも:任天堂 ゲーム機 ds
 シウスクラウドが病を得、倒れたのは帰国後のことだった

 レオンガンドは、いつの間にか、拳を強く握りしめていたことに気づいた

手を開くと、爪の跡が手のひらに残っていた

「二十年……長かったぞ」 ザルワーンこそが宿敵だということは、何年も前からわかっていたことだ

ガンディアに住むだれもがそれを認識している

北の大国

獅子の国たるガンディアにとって、ザルワーンとの戦いは避けて通れぬ道だったのだ

ログナーの旧都マイラムの市街がガンディア軍の兵士によって埋め尽くされたのは、九月十三日のことだ