今 の スロット

今 の スロット

確かにお嬢様と同席していた生徒がそうお嬢様に申したそうで……」 それを聞いて、教頭たちも慌てて頭を下げるが、優樹は「うっ……」と声を殺して大島の胸に強くしがみつく

大島は優樹の背中を撫でながら教師たちを見回した

あなたも好きかも:ルーレット 36倍
「それはどちらのお嬢さん方ですかな?」「やめてっ……お父さんっ……」 優樹は顔を伏せたままで頭を振った

「……私もいけなかったの……

あんなに怒って……

あなたも好きかも:ブラックジャック ぺこらくボトル
みんなをビックリさせちゃって……

先生たちにも酷いこと言っちゃって……

……ごめんなさい

……お父さんとお母さんも、ここまで来て……

……ごめんなさいっ……

あなたも好きかも:クラップス 杉田
……いい子になろうと思ったのにっ……

……ごめんなさいっ……」 ――この言葉のあと、やっと本当の涙が溢れ出てきた

優樹は何度も息を詰まらせ、肩を震わせる

大島は優樹の背中を撫で、聖菜は厳しい目で教師たちを睨み付けた

「この子をここに預けていいものか、よく主人と相談の上で判断させていただきますわ」 聖菜はそう険しく言いながら恐縮しきっている教師たちを一人一人、顔を覚えるように睨み見ると、大島にしがみついたままで泣いている優樹の肩に手を置いた

「……優樹ちゃん、ほら……お家に帰りましょ

……しばらくお休みして、気持ちを落ち着けなさいな……」 優しく声を掛けて頭を撫でると、優樹は大島にしがみついたまま返事はせず、ただ、小さく何度も頷いた

 ――その後、大島と聖菜に連れられて優樹は学校をあとにした