パイレーツ スロット

パイレーツ スロット

(そんなことはない

ありえない) 胸中、断言して、ルウファは、眼下に意識を集中した

あなたも好きかも:偽物語 スロット 初打ち
 試練であり、召喚武装を使わずに突破しなければならないと示された以上、ルウファの能力だけでなんとかなるはずであり、解法があるはずだった

 全神経を研ぎ澄まし、眼下を見下ろしていれば、ふと、目に止まったものがある

それは、螺旋を描いて渦巻く雲海のただ中を駆け巡っているなにかであり、それこそが雲海に生まれた空洞を維持しているもののようだった

 つまり、シルフィードフェザーの置き土産なのではないか

(あれか!?) ルウファは、天啓を得て喜悦満面の笑みを浮かべたが、つぎの瞬間、表情を強張らせた

ルウファは、雲海の空洞、その真ん中を落下中だったのだ

あなたも好きかも:ウラジオストク カジノ ホテル
空洞を維持するように螺旋を描くそれは、空洞の円周を走っていて、ルウファがどれだけ手を伸ばしても触れることすらかないそうになかったのだ

(嘘だろ!?) 内心悲鳴を上げながら、それでもルウファは諦めない

諦めてなるものか、と、彼は奮起し、鼻息も荒く視線を巡らせる

どこかになにかがあるはずだ

この試練を突破するための解法、その一助となるものが 雲海の空洞へと落ちていくと、幾層にも積み重なった雲が描く多重螺旋がいかにも神秘的かつ幻想的であり、思わず見取れかけて、彼は頭を振った

危うくこのまま落下するところであり、肝を冷やしたが、同時に彼はそういう自分を嫌いになれなかった