カジノ 近隣

カジノ 近隣

「……あ、済みません」 小泉の前に置かれる、やや早いミカン

 清水は彼と目も合わせず、雑誌を読み始めた「愛想がないね、清水さんは

どうぞ、くらい言ったら?」「どうして」「また、つれない事を

仲間じゃないですか」「場所を聞いてやってきたら、君も雇われていただけだ

あなたも好きかも:ダイナム 不正
仲間じゃない」 あくまでも素っ気ない清水

 男は慣れているのか、気にした様子もなく警棒を手の中で転がしている

「……良かったら、どうぞ」「え?」 微かな、驚きの言葉

 気の緩んだ、可愛らしい表情

あなたも好きかも:バイオ6 スロット 解析
 綺麗に剥かれたミカンの房

あなたも好きかも:カジノ 開店時間
 そして愛らしい笑顔

「はは、照れてるよ」「だ、誰がっ」 清水は声を荒げ、腰を浮かしかけた

 しかしその視線が、申し訳なさそうに顔を伏せている小泉へと向けられる

 誰でもない、自分のためにしてくれた

 そしてそのために、不愉快な思いをさせてしまった

 彼自身は何も言わないが、誰の目からもそう見える雰囲気

「ミカンくらい、自分で剥ける」 そう言いつつ、ミカンを頬張る清水

 それを見て小泉も、ようやく表情を和らげる