パチンコ 新台 爆裂

パチンコ 新台 爆裂

 セツナは、肩を落として嘆息しながら、レムがテーブルの上を片付けていくのを見ていた

《炎の月》亭の広間には、当然、使用人が配されており、セツナたちの命令を今か今かと待っているのだが、夕食の食器の片付けなどはレムが率先して行い、ファリアとミリュウが彼女に対抗するので、使用人たちの出番はほとんどなかった

あなたも好きかも:パチスロ 真田純勇士すぺしゃる
レムは、厨房から料理を運んでこようとさえしたが、使用人たちが全力で拒絶したものだ

彼らも自分の仕事を守るのに必死なのだろう

 そういうわけで、ファリアとミリュウの姿が見えないのだ

あなたも好きかも:パチンコ オータ 寄居
ふたりは厨房まで食器を運んでいっており、レムとは入れ違いになっている

「どこの馬の骨……か」「そうでございましょう? セツナ=カミヤなる武装召喚師がガンディアで燻っていたという話すら聞き及んでおりませんもの」「そうだよな、レムは知らないんだ

普通は、そうか」「当然でございます

わたくしは、ご主人様の熱烈な信者ではございませんですもの

あなたも好きかも:パチスロ サムライ ガール
ご主人様の前歴など、知ろうとも想いませんわ」 レムは、しれっとした顔で告げてきた

刺を含んだような言い様もまた、いつものことではあるのだが

「なんかいちいち辛辣だな、おい」「気に入らないのでしたら、そういってくださいまし

ご主人様の仰られるとおりに致しますわ」「いいよ、気持ち悪いし」「酷い!」「どっちがだよ」 片付けかけていた食器をテーブルに戻して両手で顔を覆うレムの様子に、セツナは頭を抱えたくなった

と、広間に駆け込んできたミリュウが、セツナの隣の席に座って、こちらの顔を覗きこんできた