大工のげんさん パチンコ 250 セグ

大工のげんさん パチンコ 250 セグ

アグラニウスは苦い顔を横にそらして「……ちょっと待っててね

 君でも理解できるように、今の状況を 整理している」俺は黙って頷く

あなたも好きかも:ブラックジャック 挿入歌
そして一応、美射の脈を確かめておく

あなたも好きかも:ジンズ クーポン スロット
クソムカつくが、こいつは完璧に生きていてそして血色もいい

寝息まで聞こえてきやがる

あなたも好きかも:ドラクエ5 スロット 攻略
くっそ……あのリアルモンスターの中に永遠に封じ込められて、どこか宇宙の墓場でも永遠にさ迷っていてくれれば、俺の人生は平穏なのに……

なんで、助けるとか言ってしまったんだ

うぅ……何度同じように悔やんだんだろう

これで三度目か……アルデハイトが世界塔頂上で殺そうとしていた時、ロボットに乗っている時に俺のせいで事故死したと思ったが実は美射の計画だった時と、そして今回か……

しゃがんだまま、うなだれているとアグラニウスが一人で何度か頷いた後に「ごめん

ちょっと時間かかった

 説明する

聞いてくれる?」俺は立ち上がって頷いた

アグラニウスは真面目な顔で「……まずは、僕の大事な戦力が 三人も同時に誘拐された

 そして、今全ての神々と連絡を取って 惑星内外、地下世界も含めて 共鳴粒子の及ぶ範囲を探索した

 ……あの飛行物体は、どこにもなかった」「つまり、アグラニウス外の宇宙のどこかに 移動したのか?」アグラニウスは首を横に振って「違う……えっ」嫌な予感がする

「違うパラレルワールドに飛ばされたんだと思う……」俺とアグラニウスはスヤスヤと寝ている美射を見つめる