スカイ ウォード ソード パチンコ

スカイ ウォード ソード パチンコ

その推測は例の怪物と個人的に興味のあるライたちが争ったのかもしれないという事

 その言葉を聞き、ピクリと反応を示すシュヴァルツとグラオ

「へー? じゃ、そのライってガキはその怪物を倒したのか?」「いや、それはない筈……

私が見た怪物はちょっと強いだけの人や魔族、幻獣・魔物が勝てる訳無い……それこそ支配者やかつて世界を支配していた魔王レベルじゃなければ……まだ彼はそのレベルに達していないし……」 シュヴァルツが冗談交じりに言った言葉を即答で拒否するマギア

 シュヴァルツも本気でそう思っていた訳ではないが、そこまで真剣に返されると何も言えなくなるモノだ

 それを聞いてグラオが軽薄な笑みを浮かべて言う

「まあ、もしもライという少年がその怪物とやらを本当に倒したなら、それはそれで面白いんだけどね」「ああ、同感だ」 こちらも軽薄な笑みを浮かべ、頷いて返すシュヴァルツ

 ヴァイスは呆れたように笑い、マギアは何も言えない様子だった

***** ライたちは海の真ん中から近くの街に移動し、その街を歩きながら話していた

あなたも好きかも:パチンコ 鈴木涼子
「──ってことで、その怪物……レヴィアタンを完全に倒したって訳じゃないんだ

まあ、数ヶ月は世界も安全? だろうな」 その内容は怪物がレヴィアタンだった事やまだレヴィアタンが生きており、早いうちに再び目覚める可能性があるという内容

など、ライは三人に怪物の正体と何があったかを軽く説明していた

あなたも好きかも:スロット あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 天井
「へえ……まさか怪物がレヴィアタンだったなんて……」「にわかには信じられんが、確かに世界を破滅させる怪物なんて限られているからな

おかしくはない……