パチンコ わんわんパラダイス 止め打ち

パチンコ わんわんパラダイス 止め打ち

 あっさりと倒され、そして2匹の巨大狼が操っていた狼は、ノアの魔法によって倒された

「助かったよ

クローヴィス」「楽勝さ」 フワリと降りてきた銀竜クローヴィスにお礼を言うと、彼は得意げにそう答えた

「あのね

あなたも好きかも:東京ザナドゥ スロット
ピッキー達も大丈夫だったよ

狼をいっぱい倒してた」 ノアがクローヴィスの背中から、ピッキー達の無事を教えてくれた

あなたも好きかも:kb パチンコ
 無事か

よかった

「ノアノア、プレイン見た?」「プレインお兄ちゃんは、ピッキー達の近くにいるよ」「そっか

合流できたか」「見つけた時には、ピッキー達が狼を倒してたらしいよ

今は、見つからないように護衛してるんだって」 ノアの言葉に、クローヴィスが補足した

 どうやら、ピッキー達が狼を倒したので、見つからないように見守るつもりのようだ

 詳しい話は後で聞けばいいか

あなたも好きかも:パチンコ 連チャンしやすい台
 せっかくなので、オレ達もプレインに習ってピッキー達の側まで行ってみることにする

 しばらく森を進むと、ピッキー達が何かを作っていたのを見つけた

 楽しそうにワイワイと盛り上がっている様子に、これは邪魔できないなと思う

「何してんだろう?」「あの大きな狼を運ぶために、ソリを作ってるみたいっスよ」「そっか」 ピッキー達の側には、10匹以上の狼が横たわっていた

 うち一匹は、オレ達が戦った巨大狼ほどではないが、二回りくらい大きな狼だった