蒼天の拳 スロット 龍が如く

蒼天の拳 スロット 龍が如く

魔物が闊歩する山の中、森の深いところ、さらに言えば近くに街もないはずなのに人間が来ていてわなを仕掛けているのはおかしな話だ

いや、それに関して言えば前提が逆になるのだろ

近くに街がないのに罠を仕掛けているのがおかしい、というのであれば

その逆、罠が仕掛けられているということは近くに街があるということである

もっとも公也もメルシーネもそれらしき住居、人間の生活環境は見ていない

だが罠が仕掛けられているということは確かに生活箇所があるということになるはずだ

あなたも好きかも:スロット 6月 撤去
一体どこにあるのか

「……つまり深くまで入ってきているわけじゃなく、近くに何かある、誰かいると考えられるんじゃないか?」「でもここは森の中なのです

まあ、森の中だからと言って人が生活できないわけではないのですけど」「人の通った道らしきものは確かに見てないし、そういう点ではわからないか……だけど人が生活しているならそちらに少し寄れれば嬉しいかな」「罠からしてちゃんとした技術、知識のある相手だとは思うのですが……味方であるとは限らないのが不安なところなのですね」 仮にこれが人種の手によるものだとして、その人種が公也たちにとって味方であるとは限らない

そもそもこんな森の奥深くにわざわざ住んでいる相手が普通の相手である保証はない

蛮族……では技術的な考えてないとみることができるにしても、それが味方である保証は全然ないと言える

「まあ罠に下手に手を出すのはよくないな」「捕まっている動物を助けたら恩返しくらいは貰えるかもしれないですね」「いや、流石にそれはないだろ……昔話的なイベントはさ

あなたも好きかも:リゼロ 大阪 スロット
それに向こうだって生活が懸かってるだろうし」「罠に捕まえた生き物がいたのに逃がされるとか猟師的には大激怒な出来事なのですね

あなたも好きかも:ホームラン パチンコ 金沢
食事が懸かってるわけなのですし」 危険だから罠を撤去する、生き物が捕まったらかわいそうだから撤去する……というのは流石にあれなのでしない