牙狼 パチンコ 保留 剣

牙狼 パチンコ 保留 剣

もう「貴方の光の女神になりたい」くらいのオーソドックスな言葉でいい気がしてきた

「ローゼマイン様、まだ悩んでいらっしゃるのですか?」「クラリッサはハルトムートに贈る魔石に何と刻んだのですか?」「共にわたくし達の女神を崇めましょう、と」 ……聞くんじゃなかった

 わたしがガクリと項垂れていると、クラリッサが「他人の言葉など参考になりませんよ」と小さく笑った

あなたも好きかも:コナミ パチンコ
反論のしようもない

確かに全く参考にならなかった

「ローゼマイン様がフェルディナンド様にしてあげたいことでも良いのではありませんか?」 クラリッサにそう言われ、わたしはふっと思いついた言葉を羊皮紙にスティロで書き込む

羊皮紙に書き込む姿が見えたのだろうか

フェルディナンドが近付いて来る

あなたも好きかも:旅 打ち パチスロ
「できたのか?」「こっちを見ないでくださいませ

あなたも好きかも:パチンコ 茅ヶ崎
当日まで内緒です」 わたしは羊皮紙を隠して睨むと、フェルディナンドが苦笑しながらわたしが使う調合鍋から距離を取って背を向けた

ユストクスがこちらを見ながらニヤニヤと笑っている顔にパンチしたい

「お手伝いしましょうか、ローゼマイン様?」「二年生の講義で行うことですもの

わたくし一人で作ります」 ハルトムートとクラリッサのお手伝いを断り、わたしは調合鍋に魔石を入れて魔力を流していった

わたしもフェルディナンドも全属性なので、特に属性の調整をしなくても良いので早い

 虹色魔石の中に金色で文字が浮かび上がる

「貴方のマントに刺繍をさせてください」名捧げの石は冬の到来をギリギリまで防ぐシュツェーリアの盾になりました

(笑)寝耳に水の婚約式

そのためには魔石が必要です

次は、エントヴィッケルンとエグランティーヌの訪れです