サムライ ぱちんこ

サムライ ぱちんこ

ああ、御主には使わぬと約束しよう

妾も御主を悦ばせたいわけではないからの」「ふふ、ふふふ、あっははははははっ! 思ったより簡単にバレちゃったわね?」 紫の水晶からノイズ混じりの笑い声が流れる

 それが魔力の昂ぶりによる通信障害を起こしたものであり、今紫の魔王の感情のゆれ幅を如実に示している

あなたも好きかも:とある パチンコ 判別
「自白と見て良いのじゃな?」「……ふふふ、これ以上は誤魔化しようがないということね? 認めるわ、そうよ私が仕組んだことよ?」 紫の魔王は愉快そうに認める、自分が魔物を用意しガーネに攻め入る用意をしていると

「素直なのは良いことじゃな、ついでに大人しく魔物を下げてもらえるとありがたいのじゃがの?」「それは残念ね? 私は認めた、だけど魔物を引き下げる必要はないわよね? 貴方は犯人を特定するために『序列の呪い』を使うと他の魔王を巻き込んだけど私は自白したわ? 当初の目的はご破談だけどそれなら貴方に純粋な勝負を持ちかければ良いだけの話よね?」 金の魔王による『序列の呪い』を使用させるという目的は破綻した、しかし物理的な障害は何一つ改善されていないのだ

 ガーネ魔界にはガーネに攻め入れるだけの魔物が今もなお鎮座している

あなたも好きかも:スロット これはゾンビですか フリーズ
「確かにその展開に持ち込まれたとすると面倒じゃの

あなたも好きかも:パチスロ ギガゾーン
妾が『序列の呪い』で他の魔王に協力を求めることは妾の不甲斐無さ故になり、妾の身勝手ともなりうる」「ええ、私が黙っていたなら巻き込むのは私のせいになるかもしれないけど私はもう自白したのよ? この先は巻き込むのは貴方の勝手になるわよね? それで貴方は私をどうやって止めるのかしら? 私に『序列の呪い』を使ってくれるのかしら? 他の魔王達にもそうしろと懇願しても良いわよ? どれくらい屈辱的な気持ちになれるのかしら? うふふ、ふふふふっ!」 紫の魔王の狙いは暴露された、しかし未だに紫の魔王の優位は変わらない

 彼女の狙いは『序列の呪い』を受ける愉しみを得ること

 そして他の魔王を苦しませることだ

 マゾヒストでありながらサディストでもある紫の魔王にとってせっかく用意した駒を利用しない手は無い

「先も言うたが御主に『序列の呪い』は使わぬ、悦ばせたくはないからの

しかし他の魔王に使えばそれでも御主は悦ぶのじゃったな