スロット 導入日 設定

スロット 導入日 設定

「えーと、それでは、これから流す噂に関してなんですけど……わたしには、この辺りの商人の間で噂が回る速度やその影響力がどの程度のものなのか、全くわからないので、今回はマルクさんのやり方を勉強させてもらいますね」 わたしの声にマルクがやる気に満ちた笑顔を向けてくる

にこりと笑うマルクの笑顔が黒いけれど、神官長の笑顔に比べれば爽やかなものだ

「おや、領主の養女であるローゼマイン様のお勉強のためならば、こちらとしても精一杯努力しましょう

あなたも好きかも:宮城 パチンコ 旧イベント
どのように追い詰め……もとい、最終的にはどのような形に持って行きたいか、決まっていますか?」 ……ハッセの町長、本当にベンノさんやマルクさんにどんな対応をしたんだろう? 知りたいけれど、聞きたくない

「なるべく被害を最小に抑えたいです

あなたも好きかも:パチンコ 武蔵浦和
町長は、もう、どうしようもないのですけれど、ハッセは冬の館がある町だから、周辺の農村の人もたくさん集うでしょ? 神殿襲撃には全く関係のない農村の被害が今よりも少なければ良いなぁ、と思っています……」「今よりも、ということは、町長以外への罰はすでに決定しているのですか?」 わたしがコクリと頷くと、マルクが軽く眉を上げ、ベンノが小さく息を呑んだ

あなたも好きかも:一点賭け
「噂として流したり、町民の不安を煽るのに使ったりしても良いと言われています

神官長の決定として、来年の春の祈念式にハッセには神官を誰も出さないそうです」「……それは、農民にとってはきついな」 基本的には領主が領地を守っているので、領地には魔力が満ちている

しかし、それは薄く広く覆われた魔力で、領民全体を食べさせていくにはもう少し魔力を加えなければならないそうだ

 そこで、貴族としては使えないけれど、魔力を持っている神官が領地の各地に派遣され、魔力の提供を行う

それが春の祈念式なのだ

 春の祈念式で祝福を得て、農村には魔力が行き渡るようになっている

その祝福が収穫に結構響くらしい

一年や二年ならば、農民達の努力で手間暇をかければ収穫できるようだが、魔力が不十分ならば、どんどんと土地が痩せていくと聞いた