ラブライブ スロット解放

ラブライブ スロット解放

仕組みを知ってはいても実際に、使える使えないの感覚の差は、雲泥の差がありすぎる

ただ、自分の"幼馴染み"の考えに共感して、決起軍に助勢してくれていたという人物ならば、どんな立場の"命"でも尊重はするという事信じている

(いや、"信じたい"だけなんだな、俺は)秋桜畑の少女を見て、ジュリアンは、魔法の使えない自分を自嘲する

身近にいた賢者という人は、努力する者や上を目指そうと動く者に対して、何処までも寛容なようでいて、"線引き"は本当に確りしていた

賢者の中に敷かれたその"線(ライン"″は、絶対で例え誰であろうとも、譲ることはなかったと思う

あなたも好きかも:三連休 パチンコ 回収
【それを、越えたら、世界を滅ぼす"覇王"になってしまうからねえ

あなたも好きかも:スロット ホールコンピューター
ここだけは、親友にだって譲らなかった事だから、生意気な子どもに譲らないよ】一度、何かでグロリオーサと賢者が、端から見たら大層下らなく見える事で揉めて、賢者がその一言で強引に場を納めていたのを思い出した

"エリファス"という存在を賢者という立場の人が、許す事が、"許される"のかどうかも判らない

(それに、もっと現実的な問題もあるか)もしも、あの"ピーン・ビネガー"に執着しているような、伯母に当たる4人が、シネラリアの新たな懐妊(したかもしれない)という話を聞いたなら、そのまま放っておくだろうか

そして、そういった事をシネラリア自身も、きっと自分の伴侶と相談して決めることだろう

―――安定の時期に入ったなら、大丈夫だと思うから、それまで静かに安静にしていればね

子どもと、赤ん坊を愛して止まないトレニアが言っていた言葉を思い出して―――

あなたも好きかも:タイガーズ・ゴールド
《こりゃ、俺も"エリファス"も、産まれるまでは、いや、安定期って奴までは身を隠していた方がいいかもしれないな

あの懸命なマダムが、懐妊したとしたしたら多分同じようにするだろうし》命に関して寛容ではあると信じてはいるが、ピーン・ビネガーという人の"賢者の線"の判断基準もジュリアンには判らない

《―――護衛の方も、暫くは大丈夫だろうし》キャラバンの方も、国の政策で主流となる"道"を整備するのに、軍の施設部隊が主力となるという布告をだしているのを、慌てながら"エリファス"を探しつつも確りと傭兵は見ていた

国中の道を整備するのは軍の基本訓練を終えた、主に施設専門の部隊の兵士達