スロット ゴッド 凱旋 ジーストップ

スロット ゴッド 凱旋 ジーストップ

外見からは察しもつかないほどの血液が、黒く壁を染め、そのままずるずると、背中をこするようにして座り込んでしまう――けれど、小さく首を振った

「必要ない

あなたも好きかも:スロット ビビッドレッドオペレーション 朝一
行ってこい、五木(いつき)

しばらく休めば戻る……なあに、連中がそうであるように、私も連中の前では強がらなくてはならん理由があってな

これだけの軽口も叩ける、気にするな」「……忍さん」「ええ、わかりました

朝霧さんもご自愛ください」「そうさせてもらおう」 視界が霞むどころか、真っ暗になって何も見えない状態で、芽衣は笑う

内部が壊死しているわけでも、障害があるわけでもない――ただ、朝霧芽衣という存在が、不安定になっていて、在り方が変わってしまっただけだ

馴染めば、すぐにとはいわずとも、元に戻る確証がある

 だからしばらくはこの闇を楽しもうと、そう思って呼吸を意識するが、十五分も経過したと芽衣は気付かず、体感的には〝すぐ〟にその気配と声は届いた

「芽衣」「やはり鷺城か」 目を開く、という動作を意識せず、いつものようにしてやれば、景色が視界に飛び込んでくる

ただし、いやに詳細に映る光景を、意図してぼかしてやる必要があった

あなたも好きかも:パラダイスシティ 韓国
見えていても、見えない振りをする――人間ならば、常時脳が管理して、行っていることだ