赤 黒 カジノ

赤 黒 カジノ

「親方、お客さんが鉄パイプ4本欲しいってさ!」「そこの棚にあるやつ渡しとけ!」「了解!」「…………て、鉄パイプも人気なんですね」「優秀な鈍器だからな

あなたも好きかも:アドセンス カジノ
ガッハッハッハッハッハッ!!」 て、鉄パイプかぁ……………

産業革命が起こる前はほとんど見かけることはなかったけど、最近はいろんな場所で見かけるようになったからなぁ…………

あなたも好きかも:ウイイレ ルーレット
 若いドワーフの男性は俺に挨拶すると、棚に立てかけられている鉄パイプを4本拾い上げ、慌てて店先へと走っていった

「ところで、何か困った事とかあります?」「うーん、今のところはねえな

あなたも好きかも:sd カード リーダー 8 スロット
ホームガードパイクが人気過ぎて、最近は溶接ばっかりやってるのが悩みだがな! ガッハッハッハッハッ!!」「そ、そうですか…………」 そう言いながら額にかけていたゴーグルをかけ、耐熱性の手袋をした大きな手で鉄パイプを足元の金具に固定した親方は、ぶつぶつと野太い声で詠唱をはじめ――――――――右手に生成した魔法陣から出現させた炎で、銃剣と鉄パイプの溶接を始めた

 前世の世界ではバーナーを使っていたが、この世界では炎属性の魔術でこのように溶接するのが主流となっている

とはいえ魔力の加減で温度が変わるので、しっかりとした溶接ができるのは経験豊富なベテランの職人ばかりとなっている

 とりあえず、作業の邪魔をしてはいけない

持参したアイスティー入りの水筒を邪魔にならないような場所に置き、「ここに飲み物置いときますんで、ちゃんと水分補給してくださいね」と言い残してから工房を後にする

 さて、これから少し射撃訓練でもしていこうかな

そう思いながら射撃訓練場のレーンへと向かおうとしていると、工房の前に並ぶ人だかりの中に、見慣れた背の小さい銀髪の少女が並んでいることに気づいた