ガールズ&パンツァー スロット ストックウォー

ガールズ&パンツァー スロット ストックウォー

 塔へ至るまでの試練も、塔へ至った後の試練も、すべて、現実だった

あなたも好きかも:ブラックジャック ファスナー神父
 そうして強くなったはずだというのに、と、セツナは拳を作り、苦痛に顔を歪めた

全身の痛みは、ネア・ガンディア軍との連戦に際し、自身を酷使した結果であり、自業自得といえばそれまでのことだった

しかし、これほどまでに肉体や精神を酷使しなければ倒せない相手ばかりが敵となって立ちはだかるなど、彼にしてみても想定外のことだった

 強くなったはずだ

あなたも好きかも:マテリア スロット
 限りなく肉体を鍛え、精神と鍛え、武装召喚術の使い手としても二年前とは比べものにならないくらい、強くなったはずなのだ

あなたも好きかも:マリーナベイ・サンズ カジノ
実際、素の身体能力も遙かに向上し、戦竜呼法を用いれば超人的な能力を発揮できる上、武装召喚師としての実力も高まっている

これまで、召喚武装は黒き矛ひとつ使うだけでも手一杯で、複数同時併用するとなるととてつもない消耗を覚悟しなければならなかったが、いまでは、複数同時併用が普通になっているくらいだ

それがどれほどの修練の成果であるか、優れた武装召喚師であるファリアやミリュウなどは、いうまでもなく理解してくれている

だからこそ、ふたりともセツナの実力を一切疑わず、全幅の信頼を寄せてくれているのだ

 なのに、神や獅徒を相手に圧倒するには、さらなる力が必要だという可能性に直面し、セツナは、渋い顔をせざるを得なかった

無論、地獄の修行が無意味だった、などと想っているわけではないし、あの時期に地獄を脱し、地上に舞い戻ったのはちょうどよかったということも理解している

それでも、と、想わざるを得ないのは、ザルワーン方面での戦闘における同盟軍の損害があるからだ

同盟軍が甚大な損害を被ったのは、ひとえにセツナが敵指揮官の早期撃破という作戦目的を遂行できなかったからにほかならない

 もっと力があれば

(いや、違う……) もっと、完全武装を有効に長期的に利用することができるようになっていれば、ああはならなかった

完全武装状態になれば、モナナ神程度の神であれば翻弄できることがわかったし、獅徒も圧倒できたのだ

最初から完全武装状態に移行することさえできていれば、あそこまで被害は出なかったのではないか