dq11 カジノ 100スロット

dq11 カジノ 100スロット

ただ、それだけが現実として残った

 少年の一言で衆民は皆戻っていった

あなたも好きかも:ハッピー・リッチーズ
少し開けただけの、広場ですら無い道の上に残されたのは、魔術翁とその付き人と、僕と、膝を突き打ち拉がれる少女だけになった

「…………これが現実だ、ハークスよ」「……どうして……? どうしてみんな……?」 別に困惑しているのは彼女だけでは無い

あなたも好きかも:ブラックジャック アニメ op
僕の頭の中も、ミキサーで掻き回されたようにグチャグチャだった

ただ、彼女より平静でいられるのは、この二人について僕の方が少しだけ知っているからなのだろう

「あの者達には他の選択肢などとうに無いのだ

隷属を受け入れているのでは無い

隷属せねば生きられぬ世界が出来上がってしまっているのだ」 少年は無味乾燥な、感情を均してしまったかの様な冷たい声でそう言った

ミラも彼を睨む事すらせず、ノーマンさんも悲痛な面持ちで黙っている

僕は……「人としてこの街で生きようとすれば、それ相応の義務が発生する

だが、彼らにはそれが難しい

術師以外に務まる仕事など、この街には既に無くなった

土壌の痩せたこの地では、己で食う芋を育てる事すら、地術無くしてそれを生業にしようなどとはとてもとても」 彼が言っている事は間違い無く事実なのだろう

誰の悪意も介入する事無く、この街はあの人たちを虐げた

自然に淘汰される弱者として、食い物としてプログラミングしてしまった、と

そう聞こえた気がした

「……恥ずべき事では無い

生きる為、守る為にはそれしかないとなればそうする