東三国 アルバイト パチンコ

東三国 アルバイト パチンコ

あなたも好きかも:喰霊 パチンコ 設定示唆
ここまで独仏開戦から「ボルニー=コロンベイの戦い」に至るおよそ1ヶ月間を見てきましたが、表層上、独軍(ほぼ9割がプロシア軍ですので、以下普軍とします)の「快進撃」と仏軍の呆れるほどのお粗末な「敗退」ばかりが目立つ結果となっています

 しかし、賢明な読者のみなさんはお気付きと思いますが、全てにおいて普軍が仏軍を圧倒していた訳でなく、特に兵士の質(ズアーブなどの植民地兵と長い兵役)や兵器(シャスポーとミトライユーズなど)はむしろ仏軍有利な部分も多くありました

 また通説ともなっている、モルトケ率いる普参謀本部の「すばらしい先進性」により旧弊な軍律と指揮系統を持った仏軍を凌駕した、との感想も又、一部間違っている感があります

 モルトケと普参謀本部は「全て」お見通しで正しかった訳でなく、また、仏大本営と統帥部が「全て」間違っていた訳ではありません

 戦場においては仏軍が普軍に上回る戦力を維持していた例は、この70年8月の盛夏において幾度も訪れ、現場の仏軍下士官兵も奮戦して普軍を窮地に陥れた場面もまた多くありました

 特にこの後、みなさんと推移を見守ることとなる「ヴィオンヴィル/マルス=ラ=トゥールの戦い」は、十四万の仏軍に七万の普軍が立ち向かう、という戦力差が呆れるほど大きな激戦で、「常識」(ランチェスターの法則を思い出してください)で考えるのなら、普は仏の大軍によって擦り潰されるのは必至の状況、絶体絶命の危機にあったのです

あなたも好きかも:パチンコ 勝てる店 東京
 軍事統率部にとって素晴らしいシステムであるはずの「プロシア式」参謀本部と、「委任命令」「共同責任」という指揮官の半独立制と負担軽減により、仏軍より遙かに近代的な軍制を誇った普軍が、なぜメッス要塞の「西側」で本戦争最大の犠牲を伴った会戦を行わねばならなくなったのか

あなたも好きかも:のつく日 パチンコ
 「マルス=ラ=トゥールの戦い」に至る普仏両軍の行動を見る前に、その点を整理しておきたいと思います

 この「マルス=ラ=トゥール」の戦場において、普軍前線部隊が倍する敵仏軍に向かったのは、またもや現場指揮官の「独断専行」でした

 もし、冒頭の考えのように「モルトケと参謀本部は全てお見通しで正しかった」のであれば、開戦以来戦況が一度も参謀本部の作戦計画通りに進まず、現場指揮官の独断専行で物事が推移したのは何故だったのでしょう? それを一言で言うなら、「偵察(情報・諜報)の不足と不徹底」であった、と複数の戦史家・戦術家が主張しています

 特に偵察活動の中心となるこの時代の普軍騎兵は、『「ヴルト」「スピシュラン」の意義)』の項で述べた通り「虎の子」と目され、エリートである種優遇された(甘やかされた?)状態であったため、偵察活動にはあまり熱が入らず、また偵察の報告も「近視眼・狭視野」的な内容が多かったように思われます

 もちろん、開戦劈頭の若きツェッペリン伯の敵地偵察行や、名門貴族師弟たちによる目立つ少数長距離偵察はありました

しかしこれらはどちらかと言えば当人の勇気剛胆さと家名に恥じぬ戦功を得たいという「功名・冒険心」の発揮に思えるのであり、偵察によって得た「情報」より、それを行った当人の行為が賞賛された様子がありありと伺えるのです

 また、普参謀本部で重視されていたはずの敵国情報の獲得(諜報・情報分析)も、開戦後は前線指揮に人員が傾注されたためか目立つ活動はありませんでした

 大胆不敵な勇気と冷徹な平常心、という戦士の素養を競うがあまり、偵察・諜報の本質が理解されていなかった(または軽視された)と言うことで、この結果、普大本営(=参謀本部)は敵の配置や状況を見誤り、その結果独の三軍は、敵情の見えぬまま敵がいるであろう「大体の方向」に進み、ほとんど計画にない「遭遇戦」の形となっている、そう主張されているのです

 この批判は、多少当時の状況を加味していないとは言え、軍事上の優劣を考えた場合、もっともな批判だと思います

 スピシュランとヴルト後に仏軍を見失った後、独軍の騎兵たちは仏軍を探し広範囲に偵察行を行いましたが、その多くは空振りに終わり、敵味方が比較的狭い範囲で動いていた北部独第一軍任担のメッス東側の戦線ですら、バゼーヌの軍勢の全体像は見えないまま(メッスよりモーゼル下流域のティオンビル方面にも敵がいると考えていたり、ニエ=アルマンド川の線から仏軍が退いたのをほぼ2日間気付かなかったりしたことなど)、コロンベイ戦に至っているのです

 この偵察不徹底という欠点は、何も普側に限ったことでなく、仏側はもっと惨い有様、何せ参謀総長だったル・ブーフ大将がコロンベイ戦後にバゼーヌに送った書簡(後日詳述します)で、カール親王の「北軍」、シュタインメッツの「中軍」と発言したことはその証拠です