パチスロ g1 評価

パチスロ g1 評価

……、いいです、はい」 はにかみながら頷くと、小野寺はハンカチを鞄に入れ、「……ふうっ」と、大きく息を吐いて空を見上げて、思い出したように優樹を窺った

「……大島さんのところは、どう?」「……え?」「大島さんのところって、結構、大きいわよね? ……ご両親、厳しいんじゃない?」「あ、全然です」 優樹は素っ気なく首を振った

「親よりも、どちらかというと姉の方が厳しくて」「そうなの? ……ふふ

あなたも好きかも:パチスロ 家康
お姉さんも、大島さんが心配なのね

わかるわ、その気持ち」「へ? そ、そうですか?」「こんなかわいい妹がいたら、私も厳しくしちゃうと思うから」「……

おとなしくしてるのに」 と、呟いて拗ねる優樹に、小野寺は「ふふふっ」と愉快そうに笑った

あなたも好きかも:代田橋 スロットクラブ 閉店
「じゃあ……大島さんは、好きな人が出来ても、障害はお姉さんだけね」 優樹の顔がボッと赤くなり、目を見開くその様子に小野寺はキョトンとして笑みを溢した

「好きな人がいるのね?」「い、いませんっ

あなたも好きかも:パチンコ 依存 症 体験 談
全然いませんっ

ホントにいませんっ」 焦って首を振るが、小野寺は愉快そうに笑って、離れたところにいるみんなを振り返った

「そうねえ……、誰かなあ……」「ち、違います先輩! 全然違います!」 探し出す小野寺に、優樹は顔を真っ赤にしたまま慌ててすがり寄る

小野寺は制服を引っ張られて、笑いながら優樹の腕を撫でた

「じゃあ、今度、紹介してね」「……し、紹介も何も……ホ、ホントに……そ、そ、そんな人は……」「いるでしょ?」 見透かすように顔を覗き込まれ、息を詰まらせて首を振る

意地でも認めない優樹に小野寺はまた愉快そうに笑った

「正直になった方がいいわよ? これは……私からの忠告」 小野寺はにっこりと笑った

「もっと早く、自分の気持ちに正直になってたら……何もためらわないでいたら……何かが変わっていたと思う」「……」「後悔をして引き摺るくらいなら、一度砕けて、またやり直した方が気持ち的には楽かもね」 情けない笑みを溢す小野寺に、優樹は少し表情を消し、そっと伺った

「……どこかに……、……行くんですか……?」 手紙に書いていたことを思い出して聞くと、小野寺も気付いたのだろう

間を置いて、苦笑気味に首を振った

「生憎……そんな勇気は私にはないみたい