奏 シンフォギア パチンコ

奏 シンフォギア パチンコ

「なるほどのう

あなたも好きかも:ひぐらし パチンコ 7セグ
また、トワは変な苦労をしょい込んでいるな」 考助の横で一緒に話を聞いていたシュレインが、微妙な表情で頷いていた

「なんというか・・・・・・

馬鹿馬鹿しいの一言なんだけど、そんなことってあるんだ」「何を言っておる

トワの場合、直接的でない分、まだましだぞ?」「そうなの?」 シュレインの言葉に、考助は首を傾げた

「トワとダニエラ嬢は、どう見ても身分差があるからな

他の大陸と違って王国としての爵位が無い分まだましなのだろう?」 シュレインが視線をトワに向けると、そのトワも小さく頷きながらため息を吐いた

お互いにそのことは分かっているんですが、でも出来れば、その・・・・・・」「一緒にいる時間を作りたい、と」 トワの言いたいことを察して考助がそう言うと、トワが頷いた

 一緒にいたいという気持ちはよくわかる考助としては、何とかトワの想いをかなえさせてあげたいと思った

あなたも好きかも:パチンコ 7月7日 イベント
 だが、その考助は腕を組んで顔をしかめた

「あの・・・・・・難しいですか?」 若干諦め気味な顔になったトワを見て、考助は慌てて首を左右に振った

「いやいや、そうじゃないよ

あなたも好きかも:ヘブンズドア スロット346
管理層に連れてくること自体は問題ないんだけれどね」「?」 考助の微妙な言い方に、トワは首を傾げた

今のままの管理層だと、二人きりになる事なんて、不可能だよね?」「父上

そもそも私のような身分の者が、婚姻前に相手と二人きりになることなど、ほぼ不可能です」 王太子ともなると、ほぼ確実に護衛が付くだろうし、何か間違いがおきないとも限らないため監視役は必ず付く

 それでも、今のようにほとんどまともに会えない状況よりは遥かにましなのだ