なのは パチンコ 保留連

なのは パチンコ 保留連

 二ヶ月の間に、魔法の準備は終えている

 これだけは、『血陸』ならばいつでもどこでも使えるようにしてきた

 ――この敗北(とき)の為に

 俺の右腕に紫色の魔力が集まっていき、その次元がずれ始める

 この手が届いたとき、俺は敗北する

 カナミ相手に『繋がり』を作るのは、投了(サレンダー)に等しい行為だからだ

 だが、それでも、俺は知りたい

 知らなければならない

あなたも好きかも:ガロ パチンコ 4月
 死した『魔人(みんな)』の代わりに知っていくことが、ずっと『ヘルヴィルシャイン』の役目だった

あなたも好きかも:まどかマギカ2 スロット 設定判別
だから―― 俺は血のプールから駆け出して、静止したカナミに近付いていく

あなたも好きかも:堺 パチンコ イベント
 ゴースト特有の透明の腕に、《ディスタンスミュート》が展開されている

 触れれば、あらゆる領域を突き抜けて、その物体の本質に接触ができる

 あとは自信を持って、魔法名を世界に向かって全力で叫べば――「――次元魔法《ディスタンス、ミュ――ッ!!」 手を止める

 『血の怪異』によって拘束されているはずのカナミの手が、動いていたからだ