クソゲーオブザイヤー オンラインゲーム

クソゲーオブザイヤー オンラインゲーム

」御堂は表情を歪めながら皮肉を呟いている

「僕はこれでも全力で斬りかかったつもりなんだけどね…

」…全力、か

今も必死に力を込める御堂の神剣からは膨大な魔力が放たれているのだが、それでも俺を突き抜けることができなかったらしい

あなたも好きかも:2018年 電子ゲーム登録
「これで全力のつもりか?これならまだ北条のほうがましだな

あなたも好きかも:スロット サラ番2 モード
」「くっ!?」俺の指摘に対して反論できなかったのだろうか

「………

」御堂はあっさりと黙り込んでしまっていた

あなたも好きかも:スロット 7 目押し不要
…これでは駄目だな

どうやらまだ試練が足りなかったようだ

落ち込んだ表情を目にしたことで互いの実力差が分かってしまった

だからこそ御堂をさらなる境地に歩ませるために、一時的に後退して距離をとることにした

照りつける太陽が王都を見下ろし、熱気をもたらす中、光届かぬ裏路地は影落とし、ひんやりとした涼しげな空気が流れる

 そこにはある一人の少女が作業を行なっていた

 片膝(かたひざ)をついて何やら地面に手をついて、術式が描かれていく

 紫色の妖艶(ようえん)な淡い光が、不気味に路地を照らし出す

 そんな彼女の後ろに、一人の男が歩いてきていたことに気付く

 集中していたせいか、気付くことが遅れたのだと焦燥(しょうそう)に駆られ、腰に刺している短剣を素早く手に取り、襲おうとした時――ふと動きを止めた