マクロス3 パチンコ 保留

マクロス3 パチンコ 保留

やっぱり俺は、ミア様だね」「同志よ!」 今度は別の者が、そんなことを言って手を取り合った

そのもう一人というのは、ミアの事だった

 ミアもココロも弟のリクから見ても全く男の影が見えないのだが、こんな周囲の反応もその原因の一つとなっているのかもしれないなんてことをリクは考えていた

 そんなリクの思いを余所に、友人たちの会話は続いていた

「それにしても、ココロ様が生徒会長に立候補しなかったのは、やっぱりもったいねーよな」「だよなあ」 一人の言葉に、何人もがうんうんと頷いていた

 そして、いつものようにリクに視線が集まる

 次の質問が来る前に、リクは鬱陶しそうに手を振って先に答えを言った

「毎度毎度同じことを言わせるなよ

あなたも好きかも:ガンダム ブレイカー 2 モジュール スロット
ココロ姉上は、巫女の修業で忙しくて会長の仕事なんかしている暇が無いって」 呆れたようにため息を吐くリクに、友人たちは別の意味で大きくため息を吐いた

 その態度から明らかに勿体ないといいたげなのがわかる

あなたも好きかも:psp スロット ソフト 一覧
 ついでにリクが周りをこっそりと観察すると、同じようにため息を吐いている者たちが何人もいたように見えた

あなたも好きかも:ピーマン パチンコ
 それを気のせいだと無理やり思う事にしたリクは、落ち込んでいる友人たちを促した

俺たちもそろそろ教室に入ろうぜ」 そのリクの言葉に従って、友人たちはぞろぞろと教室の中に入るのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ その日の授業をすべて終えたリクは、城にある転移門へと来た

 その転移門が設置されている部屋は、ごく限られた者しか通ることが出来ない場所にある

 具体的には、王族だけしか通ることが出来ない