メトロ スロット館

メトロ スロット館

扱いやすい神もいたものだ、と想わざるを得ない

 龍府での療養中、五月五日を迎えている

五月五日はセツナの誕生日であり、そのことを覚えていたファリアたちの企みによって豪華な誕生日会が開かれることなった

太后グレイシアやナージュ王女までもが参加する、さながら式典のような誕生日会は、龍府中を巻き込むほど大がかりなものへと発展したのだが、それにはセツナたちが龍府を訪れたときから龍府市民が密かに画策していたからという理由がある

 かつての領伯であり、ガンディアの英雄であるセツナのことを慕うこと甚だしい龍府のひとびとにとって、セツナの誕生日を盛大に祝うのは当然のことである、と、龍府司政官ダンエッジ=ビューネルが囁いたが、セツナには、どうにも不思議でならなかった

確かにセツナは領伯だったが、龍府のことはダンエッジに任せきりであり、龍府のひとびとになんら寄与することはなかったはずだ

それがこうまで騒がれるほど慕われ、敬われることに違和感を覚えざるを得ない

あなたも好きかも:ワンピース ジンベエ ルーレット ネタバレ
 もちろん、慕ってくれたり、敬ってくれることそのものは嬉しいし、その気持ちを否定するつもりはない

感謝もしている

なにより、みんなで誕生日を祝ってくれることほど嬉しいことはなかった

 単純に疑問なのだ

 すると、ダンエッジは、苦笑交じりにいった

あなたも好きかも:リゼロ スロット おは天
「皆、セツナ殿を慕っている

あなたも好きかも:高知 市 パチンコ 優良 店
その事実を認めるだけでよろしいではありませんかな?」 皆が好意を抱いてくれているという事実があるのだ

わざわざ疑問に思わずともいいではないか