スロット blood 2

スロット blood 2

 だって深海とつながってしまったらのび太の部屋はおろか東京都東部は水没してしまうはずだからです

 整合性がとれず「矛盾」が発生してしまいますよね

 これが「なんでもあり」の世界ではない理由です

ファンタジー小説では では「ファンタジー小説」だとどうでしょうか

「ファンタジー小説」では刀剣や槍や斧などが出てきてもいいですし、戦車があってもいい

あなたも好きかも:パチンコ 元店長 遠隔
 なんだったら戦闘機やロケットが飛んでいたってかまわないのです

「ファンタジー小説」はまさに「なんでもあり」の世界になります

 だからよほどのことがないかぎり、読み手は小説世界を味わい尽くそうとするのです

 神と天使や魔神と悪魔がいようと、魔法があろうと、物理法則を無視しようとかまいません

あなたも好きかも:パチスロ モンキーターン2 救済上乗せ
 そういったものを含めて「ファンタジー小説」と言いますからね

 ただし注意してほしいのが「設定の翻(ひるがえ)し」です

 ある場面で「こういうことはできない」という設定にしてあったのに、ある場面で「こういうことはできる」と設定を翻してしまうと、「じゃあなんであのとき『できない』ってことになっていたんだよ」と必ずツッコまれます

あなたも好きかも:パチスロ ハイエナ 2021
 たとえば「結界の中では魔法は使えない」と設定してあるにもかかわらず、「結界の中で治癒魔法を使って傷を癒やす」場面というのが出てくる可能性があるのです

 これはそれが可能となった「原因」を事前に「説明」してあればある程度回避できます

「結界の中では魔術師の用いる魔法は使えないが、神官の用いる魔法は使える」という「設定」をあらかじめ「説明」してあれば矛盾せずに使用可能です