パチスロ 鉄拳3 ゾーン

パチスロ 鉄拳3 ゾーン

ひどく涼やかで、透明な笑顔だった

だからこそ、ゴードンは自分の短絡的な決断が恥ずかしく思えてならないのだが、ケルルの笑顔は、そういった感情をも問答無用で飲み込むかのようだった

「面倒事を押し付けたようで気が引けるが、頼めるのは君しかいないんだ」「わかった……

できるだけのことはしてみるつもりだ」 ゴードンは、根負けして、強くうなずくしかなかった

彼の決意を覆すような無粋な真似はできなかったし、そうしようとしたところで、彼は聞かないだろう

気弱そうに見えて、ケルルという男は存外に頑固で、融通の効かない人物なのだ

ならば、彼の言う通り、市民の安全を守るために動くしかない

あなたも好きかも:30パイ スロット 6号機
なにができるかはわからないが、投降後、ガンディアの指揮官と話し合う機会くらいはあるだろう

あなたも好きかも:ダーカーザンブラック パチンコ 潜伏
「やはり、君は良い男だな」「はは、そんなことはないよ」 ゴードンは否定したが、ケルルはそれを謙遜と受け取ったようだ

静かに微笑み、握手を交わす

これが、今生の別れとなるのだろう

あなたも好きかも:ベティブープ スロット 中古
漠然と、ゴードンは理解した

涙は出ない

男の別れだ

そんなものは不要だろう

必要なのは友情であり、心だ

「わたしは、行くよ」「ああ

さらばだ、友よ」 ゴードンは、平手を水平に構えて左肩に当てるというザルワーン式の敬礼を、ケルルに送った

ケルルも返してくる