is パチスロ タイマー

is パチスロ タイマー

「ありがとう! 嬉しい! すごく綺麗!」 両腕に抱えて笑顔で香りを嗅ぐ、そんな加奈に、優樹は戸惑った

以前会ったときもそうだが、とてもお淑やかで、清楚なイメージが強かった

あなたも好きかも:平和 パチンコ 台
なのに、今ここにいる彼女は、どちらかというと……無邪気な子どものようだ

あなたも好きかも:versus スロット ブログ
あまりにもガラッと変わりすぎて、別人じゃないかと思える程

 そんな考えを表に出すことなく、なんとか笑顔を取り繕った

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ まどかver ボーダー
「……大丈夫? ……意外と……元気そう、だけど」「うん、元気」「……、電話じゃ、すごく辛そうだったから……」「あ、そうした方が絶対来てくれるって思ったの」 ニッコリと笑う加奈に優樹は意味を考え、頭の中で目を据わらせた

 ……昨日の“ファンクラブ”にしても、みんな、“計画的”過ぎる――

「どうぞ、そこに座って」 花束をベッドの側の小棚に置いた加奈に来客用の椅子を勧められ、優樹は「……はあ」と、曖昧な返事をしながら腰掛けて、改めて室内を見回した

外に出なくてもいいように、トイレもシャワーも、何から何までが揃っているようだ

けれど、ベッドの側にある、小さなモニターがいくつか付いたとても貴重そうな機械と、そこから伸びる無数のコードを見つめることは出来なかった……

 優樹は「……え、と」と、戸惑い目を泳がしながらも切り出した

「それで……話し、って……」「うん、それね」 加奈は笑顔で頷くと、少し身を乗り出して覗き込んできた

「最近、流とケンカした?」「……、へっ?」 キョトンとした表情で顔を上げると、加奈は「んー」と目線を上に向けた

「最近、全然元気がないの

……この前の連休の時からかなあ」「……あ、……えー、と……」「スキー旅行に行ったんでしょ?」「……、き、聞いてるんだ?」 少しためらったが、加奈は「うん、聞いてる」と普通に頷いて、顔をしかめた