デビルメイクライ4 パチンコ 新台

デビルメイクライ4 パチンコ 新台

「聞いている限り、戦場で行われるものは、うちでやっている対一戦闘とは、違うんだろう

おそらく――だが、戦場でも対一戦闘はある

あるが、常ではないはずだ

あなたも好きかも:パチンコ マルギン
その差異に戸惑うものではないのか?」「戸惑いはありませんよ

戦場の中であるのならば、それは彼らにとって、身に染みたものです

たった一つの戸惑いが、命を落とす結果になることを、戦場経験者ならば誰もが知っています

あなたも好きかも:スマブラ スピリッツ スロット 増やし方
それが、自分の命なのか、仲間の命なのか……後者であれば、それほど辛いものはありません

そして、質問に答えるのならば、――ここにいる人たちが戦場を知らない、その一点に尽きます」「知らないから、か?」「はあん、知らないってことは、イレギュラーだ

あなたも好きかも:個人 パチンコ
戸惑うなら、こっちの連中ってことか……そもそも〝ルール〟が違う相手が出てきたようなもんだしな」「単純に経験値の差もありますよ

戦場では、相手の命を奪わなければ死ぬんです

それは負けです

生き残る――勝つしかない

自分ならば、相手が悪いからやめておけと、そう忠告したくはなりますね」「あ? つまり、ギィールに挑んだアルノが馬鹿だったって結論にならね?」「さて、どうでしょうね」「お前は、今のアルノに勝ったのか? 確かE級だったはずだが」「それはご本人に直接窺ってください

結果としては自分の負けですよ

ほら、見ての通り未だに10等ですからね」「……、まあいいが、それより何をしに来たんだ?」「今までの話もそれに含まれますが、言うなれば幼少期における〝騎士〟の教育について、知ろうかと――そちらの方が詳しく知っているかもしれませんね?」 小さく笑いながら、首を横に向ければ、そこには体躯の良い男が一人いた

いつものように、サクヤは驚かず、しかし、見てから本人に気付く

「あなたは責任者ですか? それとも、教育者でしょうか」「俺か? 少なくとも、その二択の中に答えはないだろうな」「なるほど」 まず二人は名を明かす

相手はリケーゼ・ティーアルと名乗った

「お前ならどう教育する?」「少なくとも〝見(ケン)〟を鍛えろと、徹底しますね