アインズウールゴウン スロット 天井

アインズウールゴウン スロット 天井

君だけが、……或いは彼女と二人だけであれば、俺も鳥籠から抜け出した者がいたことには気付かなかったかもしれない

だが、さすがに今回は人数が多過ぎた」もしかしたらそれは、彼の心を壊す言葉だったのかもしれない

わぁっと意味を成さない叫びが続いた

あなたも好きかも:パチンコ 湖 月 大淀 店
斬りかかってきた男の首を一閃で落として、続け様に地面に落ちた宝石を剣で砕く

流れた血を払えば、愛剣は一度青白く燃え上がって穢れを払うと、一片の汚れもない姿に戻った

あなたも好きかも:スロット もぐもぐ
高位の人外者には必ずしも必要なものではないが、こうしてウィリアムの剣、アルテアのステッキのように、自身の命の欠片を割り割いて作っている道具がある

こういうものは気の遠くなるような年月をかけて少しずつ補強しているので、決して替えが利くものではなく、その分便利なものであった

だからこそ、重要視させまいと毎回作り変えているように見せ、実際には一つのものを擬態させて使いまわしているアルテアとは違い、己にとっての唯一のものでありながらも落してしまう、ヨシュアのような迂闊な者もいる

(確か、まだ代理妖精が一人残っていた筈だな………)その時、背後に無防備な気配を察して、ウィリアムはゆっくりと振り返った

しかし、そこにいたのは生き残った妖精ではなかった

「……………ネア」呆然と呼んだその名前は、ここに居る筈もない人間の名前だ

あなたも好きかも:ヘルシング スロット
ぞっとして周囲の惨状を思えば、ネアは鳩羽色の瞳を大きく瞠って、両手で口元を覆っていた

「どうして、ここにいるんだ?」答えがないのでそう問いかければ、ネアは意味もなく首を振ってしまってから、自分でもその行為に気付いたのか、小さく眉を顰め、体の強張りを解くように深く深く息を吐いた