スタジアム パチンコ台

スタジアム パチンコ台

...ゴミだと思ってごめんなさい

木の宝箱さん...

あなたも好きかも:スロット 烈火の炎 フリーズ
」 アィラ達の言葉に照れたように笑うウィラは最後にボソリと呟いたわ

やっぱりゴミだと思っていたのね...

 なんとも言えない気持ちになりつつ、宝石を磨いているルナの方を向くと、そこには黄色い小さな数十個の石と涙目になっているルナの姿があったわ

 メルは落ち着きなくルナの周りをグルグルと回り、ラヴァは見るのも恐ろしいとばかりにそっぽを向いていて、二人ともどうしたらいいか分からないみたいね

 うーん

どうしましょう...

あなたも好きかも:スロット ヤッターマン フリーズ
 その石をよく見ると、磨かれているためか光沢があるものの、形は不揃いで丸いものや歪んでいるものなど、統一性もなく、とてもではないけれど上手に出来たとは言えなかったわ

 ...とはいえ、このままというわけにもいかないわよね

本当にどうしたらいいのかしら

 そうして悩んでいると、いつの間にか近づいていたウィラがルナに話しかけていたわ

「わぁ...綺麗ですね...

」『...何?慰めは要らない

』 何処か目を輝かせたウィラにルナは冷たくそう返事を返すと、また散乱する石の方をじっと見つめていたわ

 そんなルナの態度にもめげずに、ウィラは尚も言葉を紡いだわ

「慰め...?いえ、この子達は一粒一粒がキラキラです...

 それだけ愛情が込めたんですよね...?」『...うん

まあ、頑張った