パチスロ 機械割 詐欺

パチスロ 機械割 詐欺

鎧に身を包んだ二人の騎士が立っていた

「お、おお…これはようこそいらっしゃいました」 バスチアンの声が上ずる

二人が彼よりも序列の高い人物である事がその態度からありありと分かった

「お久しぶりです、バスチアン・シラー中級指揮官《オフィリスペリオ》」 騎士の一人が敬礼した

鼻筋は通り頬も引き締まっている

あなたも好きかも:麻雀ゲーム 一人用
やや目つきが険しいのが唯一の欠点だったが、役者並の美形と言って良い

さぞ女性にモテるだろうと思われた

髪色は黒に近い紫色

あなたも好きかも:keiz パチンコ 多治見
年齢は二十代の前半だろうか

「いえいえいえ、こちらこそどうもお久しぶりです」 バスチアンは騎士に笑顔を向ける

あなたも好きかも:スロット シグマ データ
しかし騎士の方はというと、眉ひとつ動かす事はなかった

あまり愛想の良い人間ではないようだ

「こちらのお二人は……?」 もう一人の騎士…長い睫毛と癖のない薄い水色の髪が特徴的な女性がエレオノールと椿に視線を向ける

隣の騎士より二、三歳程度年長に見える

「お初にお目にかかります

百騎隊隊長を務めるエレオノール・フォン・アンスバッハと申します」「軍師のツバキ・ニイミです」 エレオノール、続いて椿が名乗った

「ああ、あなた達が……」「ちょうど今、御二方の担当されるビューロー宮廷伯《ファイツグラフ》護衛任務についてアンスバッハ殿と話をしていた所です」 とバスチアン

「そう、ちょうど良かった……

それなら任務について聞かせてちょうだい