閃乱カグラ スロット エンディング 恩恵

閃乱カグラ スロット エンディング 恩恵

 「不肖アルブレヒト、皇帝より全軍の指揮を拝受し本日就任した

北軍南軍の将兵、そして忠勇なるザクセン軍将兵に告げる

あなたも好きかも:vプリカ オンラインカジノ
全軍一心同体となりこの困難に当たって欲しい

(北軍・ザクセン軍将兵は)今や一層の勇気と忠義をもって敵と戦い大勝し、前戦の恥辱を雪がんことを願う

勝利はそれを強く願い奮進する者に訪れる

果敢に敵と当たることにより自ずと道は開けるであろう

帝国民の安寧を願って我ら帝国軍人に全てを委ね、正道に輿ずる皇帝を篤信せよ

あなたも好きかも:パチンコ アップルシード 評価
全軍、勇気と気力を振り絞り戦いに臨んで欲しい」(重要部分のみ

筆者意訳) ナポレオン1世に勝利した父を持ち、皇族軍人でもその軍事的才能では一、二を争う親王の、帝国の行く末を憂う正に檄文と言えるでしょう

アルベルト・フォン・テシェン この日より八月に至るまで、水面下で続く和平交渉とは一線を画し、ウィーン市とその近郊は驚くほどの勢いで要塞化し、墺政府は各地で義勇兵を徴募し、また住民を後備兵として追加徴兵、たちまち数十万の軍勢を増加させ、強敵、普王国の軍隊に対抗して行くのでした

*注 この師団長とはケーニヒグレーツ戦で第5、第6師団を統括指揮したグスタフ・フォン・マンシュタイン将軍で、7月2日午後に届いた作戦命令を見て「中々良く出来た作戦命令書だが、このモルトケとは一体誰かね?」と傍らのラウツ参謀に尋ねたという逸話を残しました

 1866年7月13日墺軍の序列※東軍を除く☆北軍本体(在オルミュッツ)・第1軍団 15,027 砲42・第2軍団 22,498 砲80・第4軍団 17,146 砲46・第6軍団 15,875 砲60・第8軍団 18,884 砲70・軽騎兵第2師団 2,696 砲13・軍直轄砲兵 10個中隊 砲53総計 92,126 砲364☆オルミュッツからウィーンへ移動中・第3軍団 21,324 砲49・ザクセン軍団 19,930 砲57総計 41,254 砲106☆ブリュンからウィーンへ移動中(騎兵軍団)・軽騎兵第1師団 2,000 砲24・予備騎兵第1師団 2,000 砲16・予備騎兵第2師団 3,400 砲16・予備騎兵第3師団 2,000 砲16総計 9,400 砲72☆ウィーン郊外に駐屯・第10軍団 16,700 砲56※但し以下の旅団を除く・モンデール旅団(在モラヴィア/ルンデンブルク)6,000 砲8☆ヴェネトからウィーンへ移動中・第5軍団 25,234 砲48・第9軍団 31,233 砲64・プルツ騎兵旅団 1,380 砲8総計 57,847 砲120☆北部要塞守備・オルミュッツ要塞 11,617 砲8・クラコウ要塞 11,485 砲16・テレージエンシュタット要塞 8,325 砲8・ヨセフシュタット要塞 6,130 砲8・ケーニヒグレーツ要塞 3,386 砲0総計 40,943 砲40☆南部要塞守備・ヴェローナ要塞 17,103 砲16・ペスキエラ要塞 3,682 砲5・マニトバ要塞 6,573 砲0・レグナゴー要塞 1,693 砲0・ヴェネディグ要塞 9,208 砲8総計 38,259 砲29☆対イタリア野戦軍・チロル兵団 17,152 砲32・第7軍団 27,773 砲62☆ダルマチア駐屯部隊 8,815 砲16※他に補充要員として一個連隊に対し約二個補充中隊、一個猟兵大隊に対し二個補充中隊がオーストリア全域にあり、多くは集成旅団に臨時編成された

遡ること7月6日

あなたも好きかも:パチンコ 岡山県 求人
 普軍大本営は敵北軍が南西・ブリュンからウィーン方面ではなく南東・オルミュッツからスロヴァキア方面へ移動していることを確認すると、フリードリヒ皇太子の第二軍にこれを追わせ、カール王子の第一軍とビッテンフェルト将軍のエルベ軍でウィーンに向かうことを決します