くだもの畑 パチンコ ボーダー

くだもの畑 パチンコ ボーダー

 それだけが出来ずにいた

「…………あれは」 沈思の隙間(すきま)

 ナハトの目に一つの影が映った

 宵闇に染まりつつある平原の中に、幽鬼(ゆうき)のごとく頼りなさげに佇んでいる小さな背中がある

 風に揺れないよう簪(かんざし)で留めた水色の髪

 気に入っている袷を着込んでいた

あなたも好きかも:パチンコ 競輪 どっち
 袂から出た白い手は芒を束ねて握っている

 ナハトはそちらへ歩み寄った

「レイン様、どうしましたか」「ん」 水色の少女レインが振り返る

 彼女は魔剣(まけん)

 タガネと多くの死線を潜り抜けた相棒だ

あなたも好きかも:スロット マリブ
 マリアに対ぶ信頼を得ている

 あの正直でない彼から、唯一その関係性を臆面(おくめん)もなく家族と以前から呼ばれるほどだ

あなたも好きかも:パチンコ 満月
 そして実力も

 世界最強の武具として知られる

 この世に一振りだけの魔剣