ガレイゼロ パチンコ 評価

ガレイゼロ パチンコ 評価

 本当ならイリナは夜に活動するんだけど、明日の会議に出席するために睡眠時間を調整するため、昼間にではなく夜に眠るつもりらしい

 いつも血を吸う際に突き立てられる犬歯が肌に押し付けられる感覚を感じながら、左手を伸ばして俺もイリナの頭を撫で始める

 イリナはこうやって何度も誘惑してくるんだけど、今のところはラウラやカノンのように襲ってきたことは一度もない

押し倒せということなんだろうか? でも吸血鬼の女性はこうやって相手を誘惑して楽しむことがあるという話を聞いたことがある

あなたも好きかも:ブラックジャック 恋
もしイリナもそうやって誘惑して楽しんでいるだけだったのなら、最悪の場合は嫌われてしまうかもしれない

あなたも好きかも:伊達市 パチンコ店
 というわけで、今回も我慢しようと思う

 我慢しつつイリナの頭を撫で続けているうちに、イリナの誘惑がエスカレートしていく

今度は胸を肩に当てつつ首筋に甘噛みを始めたかと思うと、人間よりもちょっとだけ長い吸血鬼の舌で、首筋を舐め回し始めたのである

 ぎょっとしながら彼女を見ているうちに、イリナは俺の右隣で誘惑するのを止めた

もう飽きたのだろうかと思いながら見守っていると、なんと彼女は俺の身体の上にのしかかったまま、パジャマのボタンを全部外しやがった

 す、すらりとしたお腹が見えてますよ、イリナさん…………

あなたも好きかも:パチンコ 時計台
 うっとりしながら自分の指を咥え、こっちを見下ろしてくるイリナ

さっきのように甘噛みせずに見下ろしてくる彼女を見上げながら、息を呑んで我慢を続ける

 すると、彼女は静かに顔を近づけてから言った

「ねえ、今日も我慢するつもり?」「え?」 押し倒せということなんでしょうか?「僕はもうタクヤの恋人なんだから…………襲ってもいいんだよ………?」 枕元に置いてある小さめのランタンが、俺の上にのしかかっている吸血鬼の美少女の顔を照らす

 どうやら彼女も誘惑しながらあんなことを言うのは恥ずかしかったらしく、顔がさっきよりも赤くなっていた

「…………いいの?」「い、いいよ? 僕はタクヤに抱いて欲しいから」「女を押し倒した経験はないんだけど…………大丈夫かな?」「ぼ、僕も押し倒された経験はないよ

…………えへへっ、どっちも未経験なんだね」 ゆっくりと起き上がると、上にのしかかっていたイリナはそのまま後ろへと倒れ、ベッドの上に横になった

「…………ウラルには言うなよ?」「言わないよ