初代黄門ちゃま パチンコ

初代黄門ちゃま パチンコ

目の前に高々と聳えているのだが、ほかのことに目を取られるとわからなくなるものだ

灯台下暗しというやつかもしれない

「前言撤回いたします

さすがはわたくしの御主人様でございます」「おせえよ」「うむ、先輩のいう通りじゃな」「なにがだ」「なんでもないのじゃ」 セツナが睨むと、ラグナはさっと目を逸らした

「では、ウルク様、わたくしをお運びくださいませ」「了解した

それではセツナ、いってまいります」 ウルクはセツナに一礼すると、ウルクを両腕で抱き抱えた

レムは妙に嬉しそうな顔をしていたが、なにが楽しいのか、セツナにはわからない

「なんでレムなんだ?」 シーラは言外に、自分でも良かったのではないか、といっている

あなたも好きかも:9のつく日 パチンコ 福岡
セツナは、そんな彼女の心情もわかっているから、ありのままの考えを述べた

「レムなら矢で貫かれてもなんともないからな」「……そういうことか」 シーラは、納得したようだった

レムがどれだけ傷つけられてもなんともないということは、彼女も知っていることだ

あなたも好きかも:スロット 基盤 解析
「シーラもラグナがいるから安心だが、魔法を使わせるのはほどほどにしたい」「理解したよ

案外、考えてんだな」「シーラまで……さすがにへこむぞ」「おぬしが馬鹿なのが悪いのじゃ」「馬鹿じゃねえよ……馬鹿かもしんないけどさ」「どっちなのじゃ」 見ているうち、レムを抱えたウルクが堀に向かって跳躍した

城壁上の弓兵が、彼女を撃ち落とさんと矢を射るが、そもそもウルクに当たることさえなかった

ウルクは、空中で背部噴射口から波光を噴出させ、一気に堀を飛び越えてしまったからだ