パチンコ 麻雀物語2 甘 ボーダー

パチンコ 麻雀物語2 甘 ボーダー

これの中身は、何度も服にしたりそれを解いたりして劣化した専用繊維だ

あなたも好きかも:トータル イクリプス パチンコ
要は糸くずである

 それらの袋をヒスイさんは、荷物の入っていた箱に収める

 ヒスイさんがそんなことをしている間に、掃除ロボットが箱の中にゴミを固めたブロックキューブを排出していく

俺がこの部屋に住み始めたころから存在するロボットだ

あなたも好きかも:今 の パチンコ 屋
俺がつけたニックネームは、T260G

 最後にヒスイさんは、先日までガーデニングに植えていた植物を箱に詰める

あなたも好きかも:三好市 パチンコ
これは、花が枯れたから間引いたやつだな

 そして、ヒスイさんは箱を閉じて、玄関にあるゴミ回収用のスペースに箱を置いた

これで三十分もしないうちに、ゴミ回収ロボットがやってくるだろう

 一連の作業を終えたヒスイさんに、俺はあらためて礼を言うことにした

「ヒスイさん、いつもありがとう

家事、助かっているよ」 するとヒスイさんは、はにかんで言葉を返してくる

「いえ、この程度、21世紀の家事の作業量と比べれば、何もしていないのと同じです

家事が過酷だった21世紀と比べずとも、300年前の家事ロボットから見ても、今の私はほとんど仕事がないようなものです

現代には、便利な家電が多数存在しますからね」「あー、マイクロドレッサーとかすごいよね

その場で服を仕立てるとか、どういうことって最初思ったわ」「今ではマイクロドレッサーの服でないと、着ていて違和感があるという人が増えているそうですよ

体形にぴったり合わせますからね

さて、お茶を淹れてきます」 ヒスイさんはそう言って、キッチンに向かっていった