パチスロ 北斗 の 拳 強敵 動画 youtube

パチスロ 北斗 の 拳 強敵 動画 youtube

 冷え切ったワインが体の中に入っていくのが分かった

「……ライアよ」「なんでしょうか」「お主に、孤高軍を任せたい」「うわぁー……

あなたも好きかも:モンスターハンター スロット 狂竜
凄い難題を……」「どうだ?」「んー……」 ライアは少し考える

 確かに孤高軍は木幕の名前を借りているだけで、彼自身は特に何もしていない

 ライアが率先して孤高軍を作り上げていったので、彼をリーダーとして迎え入れても誰も文句は言わないはずだ

 あとはライア次第である

あなたも好きかも:パチスロ 三国志 フリーズ
「いいですよ」「すまないな」「いえいえ、総大将が僕のことを認めてくれたんですから

それだけで嬉しいですよ」「それともう一つ、お主に黙っていたことがある」 これは、最後に言っておかなければならないことだ

 隠したまま墓場へと持っていくことは、木幕にはできなかった

「お主の師、沖田川を殺したのは某だ」 木幕はワインをじっと見つめたまま、動かなかった

 ライアがこれを聞いてどう思うかは、大体想像がつく

 ここで殺されても文句は言えない

あなたも好きかも:桃キュンソード3 パチンコ
 抵抗する気もないので、やろうと思えばライアはすぐにでも木幕の首を飛ばすことができるだろう

 未練を残したまま、この場を去るわけにはいかなかった

 これは木幕の意地だ

 彼がどのような行動を起こしたとしても、自分はそれを受け止めるつもりだった

「知ってました」「……なに……?」 話をして驚いたのは、木幕の方だった

 ライアは平常心のまま、注がれたワインを飲む

「勿論、始めは分からなかったです