スロット 輪廻のラグランジェ 中段チェリー

スロット 輪廻のラグランジェ 中段チェリー

"仲良しの血液の型を知りたい"という幼い気持ちもあるのだろう

「ワチシは気の向くままの風にゃ~」ライが比較的平らな胸を仰け反らせながら、自慢げに上げた

「確かにライさんは"風"と言われると、しっくりきますね

あなたも好きかも:スロットクラブ アリーナ
そう言えば、魔導師には風の型が多いという話も耳にします」「そうなんですか、アルセン様」アルセンが言うと、リコが驚きつつも興味深いという感じで尋ねた

「ええ、不思議な事で、あくまでも軍に所属する魔導師の統計だけなんですが、血液の型が風の人が3分の2という確率だったんです

ああ、確かそれに私の母上も風です」「それを言うなら、シュガーも風だったな

あなたも好きかも:パチンコ 酒田 ベガスベガス
ここまでくると魔導師と風の型は何か関係があるとしか思えないな」アルセンが答えるのにディンファレも続いた

 「じゃあ賢者さまも、風の型なんですか?」"魔法屋敷"と呼ばれる住居に、様々な術を使いこなすウサギの賢者も、血液の型が風かと思いリリィが尋ねると、長い耳を半分に曲げていた

「うーん、ワシはほら、ウサギだから」少し何かを誤魔化すように、賢者はリリィからの質問の答えには口を濁す

「じゃあさ

リリィの血液の型、教えてくれよ」不意にルイが何気なしにリリィ尋ねる

ルイの方を向いてから、少女は再びウサギの賢者の方を向いた

「そう言えば、私、自分の型知りません

あなたも好きかも:トータル イクリプス スロット 天井
賢者さま、知ってますか?」「……リリィは、土だね」ウサギの賢者が少し言い辛そうに、小さな口を開いて言った

「何だ、リリィはオッサンと一緒なんだな!

だからオレとの相性も良い訳だ!」座っているベッドからピョンと飛び降りて、寄れるまでリリィの側により、鉄格子を掴みながら八重歯を見せてルイがニヤッと笑う

「何でグランドールさまと一緒ってだけで、ルイとの相性が良くなるのよ!」男の子と女の子がやいのやいのとやっている最中、アルセンが形の良い眉を寄せているのをリコは目撃した