市原 パチンコ バイト

市原 パチンコ バイト

それでも入る理由はあって

 扉を開いて中に入り、後ろ手で扉を閉め、その場で踵を揃えて直立する

カウンターに人影はない――が

 乾いている……? 冷たい、と思った第一印象をすぐに撤回する

いや、確かに冷たさもあるが、やはり乾いているように感じた

「失礼します! 自分は、レーグネン殿より、ウェパード王国にあるオトガイ商店を訪ねよとの指示を受けております! 聞いてはおられませんでしょうか!」 がらんどう、とも呼べる店内に自分の声が響く

声が切れてから胸中にてカウントを開始

六十秒待っても返答がないのならば、すぐにでも去るべきだろうと考えていたが、すぐに

「はいはい――っと」 奥から、まだ若い風貌の女性が、汚れが目立つ白と黒との斑点になってしまっている作業着のまま姿を見せた

あなたも好きかも:スロット 余ったコイン
扉は閉められたが、頬にある汚れを拭おうとしたものの、汚れた軍手であったため、更に引き延ばす結果にしかならないが、気にした様子もなく

あなたも好きかも:スロット 花 の 慶次 3
「いらっしゃい

で、なんだって?」「はっ、レーグネン殿の指示であります、店主殿

あなたも好きかも:パチンコ キャリア転職
聞いてはおられませんか」「ああ……まあね、聞いてるよ

私はクークだ