パチンコ まどかマギカ 劇場版

パチンコ まどかマギカ 劇場版

遠くに見える門とその外に広がる樹海

ずーっと視線を左に旋回してまた彼女の方を、つまり山の頂上の方を向いた時、彼女は両手で僕の手を取った

そうよアギト」 彼女も彼女で嫌そうな顔をしていたのだが、きっと僕はその何倍もうんざりした顔をしているのだろう

街のはずれとはつまり、この街で一番高い場所を指していた

「……さ、行きましょうか

時間は惜しいわ」「……そんなぁ……」 僕らの視界の先にはもう建物は少なく、それがこれから進む道の物理的な険しさを物語っている

どうしてそんなにも不便な場所に隠居しているんだ

と、毒突きたくなってきた

 彼女の手を借りながらようやくたどり着いた場所には、小さなボロ小屋が一件と、もっとボロな長屋の様な石造りの建物が一棟

そしてロイド氏から預かってきた絵の意味を理解させる鉄屑が転がっていた

あなたも好きかも:パチンコ ラウンド 放置
近付いて観察してみてわかったのは、それがまごう事なく鉄塊であるということだけ

初めて絵を見た時にラッパの様だと思った部分も、本当に絵に書かれていた通りに横に広がっているだけ

あなたも好きかも:爆サイ パチンコ 北海道
というか奇怪な形に切り抜いた極厚の鉄板と言うのが正解だろうか

正直言ってゴミにしか見えないし、打ち捨てられているも同然なこの姿はまさしく粗大ゴミなのでは…………? まるで意味も意図もわからない鉄屑の前で立ち止まる僕は、背中をミラに押されながら小屋の方へ進んだ

こちらも近付いて再認識するが、相当にボロい

長屋はもっと酷い、と言うかこちらは手入れされている形跡もない