ぜろ パチンコ

ぜろ パチンコ

微かな声だったがそれを耳に捉えた反町は少し目を見開いて足下を振り返った

あなたも好きかも:vdsl オンラインゲーム
何事か問いたかったが、瞳はすでに二人目に意識を集中している

ただ、看護婦たちがバタバタと動きだし、点滴や心電図などの機材を用意しだした

 その様子に動揺しつつ、反町はすぐに優樹を見下ろして力の抜けた彼女の手を、指を絡めて握った

あなたも好きかも:船堀 パチンコ コロナ
「……大丈夫っ

大丈夫だからっ

二人目もすぐだからっ

……がんばれ優樹っ」「優樹ちゃんっ……いけるっ?」 瞳が足下から問うが、優樹は息を荒くしてボンヤリと天井を見つめている

 尚も虚ろな様子に、反町は握っていた手を解いて彼女の頬に手を当てた

「優樹っ? ……優樹ほらっ」 まるで人形のように頭にも力がない

少し頬を撫でただけでグラッと揺れてしまう

あなたも好きかも:スロット 煩悩 打ち方
 優樹は、反町に頬を支えられながら彼を見つめ、荒い息を漏らす唇を動かした

「……ありがとう……、……傍に……いて、くれて……」 微かな声に、反町は戸惑いを露わに目を泳がして笑い掛けた