テラフォーマーズ パチスロ 演出

テラフォーマーズ パチスロ 演出

「私を気にしているのかい? だけど本日、私はただの付き添いだからね

 全然構わないし、クレフィリアは草紙の登場人物の中でもとりわけ君がお気に入りなんだよ

 弟の同僚のよしみで、付き合ってやってくれると嬉しい」 さらっとバラされたクレフィリア殿は真っ赤になって、手が宙を泳ぐ

 その様子をクスクスと笑って流すグラヴィスハイド様

 公爵家の方に請われれば否とは言えない……

 良識あるオブシズは特に

 というわけで、晩餐の席にオブシズも加わった

「本日は、サヤの国の郷土料理です

あなたも好きかも:グラブル ラン スロット フィギュア
 こちらがホワイトシチュー

これが干し野菜のラタトゥイユと言うのだそうですよ」 そして麵麭(パン)は、乳清を使ったしっとりめのものとなっている

あなたも好きかも:blood+ スロット デッドオアアライブ
 まだ野菜の不足している春先に、夏の野菜である胡瓜や茄子、赤茄子が使われているのを、まるで魔法のようですわとクレフィリア殿

「まだ実用化までは至っておりませんので……これも早く、無償開示品にできれば良いのですけどね」「このような素晴らしいものも、無償開示に⁉︎ レイシール殿は、本当に素晴らしい研究をなさっておいでなのですね!」「おや、これは面白いね

あなたも好きかも:パチンコ 甘デジ 花の慶次
汁物に肉を入れているのかい? 食べたことのない食感がする」「それは肉を細かくなるまで叩いて、刻み野菜と共に捏ねてから、丸めてあるんです」 グラヴィスハイド様は穏やかにしておられたけれど、オブシズは緊張している様子

 まぁ、ライアルドを読んでいる場面に遭遇してしまっているから、その緊張は仕方がないのかもしれない

 その反面、俺はだいぶん落ち着いていられた