志布志 パチンコ モナコ

志布志 パチンコ モナコ

名前だけではなく、その時期まで一緒となると、その可能性を考えるしかないだろう

あなたも好きかも:遠隔 パチンコ 動画
(本当に、クオンなのか……?) セツナは、胸中でうめいた

 確信があるわけではない

本人をこの眼で見たわけではないし、同姓同名の別人である可能性も十分にあるはずだった

しかし、それでも、セツナは、クオン=カミヤが半年前に姿を消した守屋久遠であると思わざるを得ないのだ

 直感のようなものだ

頼りにはならないが、こういう場合、直感のほうが正しいような気もする

 そして、その直感が正しかったのなら、セツナは、運命というものを呪いたくなるのだろう

そんな未来を垣間見た気がして、彼は、うなだれるよりほかなかった

あなたも好きかも:魂斗羅 スロット
「ま、ログナーも当てが外れるなんて思ってもなかったんでしょうけれど」 ファリアの視線を感じて、セツナは、顔を上げた

あなたも好きかも:パチスロ 目押しいらない
人気のない公園の殺風景な景色が視界に入ってくる

 広い公園ではあったが、さりとて、特に目に付くようなものがあるわけもなく

植樹されたのであろう木々と色とりどりの花々が咲き誇る花壇だけが、この公園を公園たらしめているのかもしれない

 セツナは、そのただ広いだけの公園の片隅に置かれたベンチに腰掛けて、ファリアの話を聞いていたのだ

無論、あの書庫からこの公園に連れ出したのはファリアであり、セツナが特別望んだわけではない

 セツナが隣のファリアを見遣ると、彼女は満足したように続けてきた

聞いているのかどうか不安だったに違いない

「クオン=カミヤは、バルサー要塞の戦いの後、ログナーから仕官の話を持ちかけられたけれど、それを蹴り、ログナーを去ったのよ

破格の待遇だったらしいけれど、彼には興味がなかったんでしょうね」 セツナは、彼女の言葉を聴いて脳裏に浮かんだ少年の美麗な横顔を打ち消すように、かぶりを振った