スロット 123 東雲

スロット 123 東雲

ここなんなんですか?」と俺たちに尋ねて、タガグロから説明を受けている

あなたも好きかも:パチンコ 009 演出 信頼度
バンは衛兵に感謝の言葉を述べて任を解くと「ここからは直通だケロ

さー、一日半歩いてケロー」とゴウブの背中に俺とタガグロ、そしてルーナルと乗り込む

巨大ムカデの身体の上にはクラーゴンとセイが乗った

ゴウブがゆったりと四足で歩き出して、その後ろに巨大ムカデも続く

「双子は帰ってこんかったなぁ」「またすぐ会えるよ

レッドミラブと国交が開かれたら自由に行き来できるしな」「ぐー」バンはゴウブの背中で座りながら寝始めてルーナルが先頭を変わり、タガグロと俺がバンがゴウブの背中から落ちないように支える

ルーナルが振り返り、「タカユキ様に預けたリュックに食事は入れております」とにっこり微笑んだ

それから俺たちは等間隔に光る石の照明が点いている地下道の中を、ゴウブと巨大ムカデの背中に乗って延々と進み続けた

あなたも好きかも:初心者 おすすめ パチスロ
時折巨大蟻の群れとすれ違ったり、監視小屋らしき地下道内の兵士たちの詰め所にバンが、話しにいったりルーナルがしっかり用意していた寝袋等で眠って休憩したり食事をとったりしつつ、約一日半くらい広い地下道の中を歩き続けると次第に道が上向きに登っていくようになり、そして狭くなっていき途中でゴウブと巨大ムカデの背中から降りて、翼を折り畳み、身体を屈めてほとんど這っている状態のゴウブと共に前方に見え始めた、地上の光を目指して進んでいく

「おお!!出たで!!外は夕暮れやったんかあ!!」タガグロが嬉しそうに、外へと駆けて行く

あなたも好きかも:ガールズ & パンツァー スロット 動画
俺とセイ、そしてルーナルも続いて、最後にバンが外に出ると、夕陽が差しこんだ大樹の森の中だった

続いてゴウブが出入り口を少し壊しながら出てきてクラーゴンに連れられた巨大ムカデも出てくる

「ジメジメしてて嫌だったなー